浮床工法【うきゆかこうほう】



遮音効果を高めるために用いる床の工法の一つです。

一般的にはコンクリートスラブとフローリングの間に、グラスウールやロックウールなどの緩衝材を入れる工法を指します。つまり、床構造体と内装床の間に緩衝材を挟み込んで、床の音が直接構造体に伝わらないようにした二重床工法の一つです。

二重床工法は、角材を均等に並べた上に床材を載せる根太床工法や、防振ゴム付きの支持ボルトを入れる置き床工法などと区分する場合もあります。この中では浮床工法が最も遮音性が高く、また建築コストも高くなります。


◆SPONSOR LINK◆

  • 愛知 おしゃれ 工務店
  • 大阪 新築
  • 高崎 一戸建て
  • 富田林 工務店
  • 今治市 設計事務所
  • 長野 BELS
  • SUB MENU

    おすすめサイト