内断熱工法【うちだんねつこうほう】



内断熱工法とは、グラスウールやロックウール、またはウレタンフォームなどを柱の間などに充填施工する工法のことです。

壁の中に断熱材が施されることになるので、内断熱といいます。

外壁に面して断熱材が不連続になる床スラブや戸境壁にヒートブリッジ(熱橋)ができるため、断熱補強が必要です。マンションでは外壁は内断熱、屋上は外断熱にするケースが主流です。


◆SPONSOR LINK◆

  • エルテオホーム
  • 注文住宅
  • 愛知 住宅
  • 岩出 デザイナーズ住宅
  • 燕 平屋
  • SUB MENU

    おすすめサイト