内法面積【うちのりめんせき】



内法面積とは、建物の床面積を計算する際に、壁の内側の部分の寸法で求められた面積のことです。

建物の床面積を求める場合、壁芯面積と内法面積の二つの方式があります。

壁芯面積とは、部屋の壁などの中心線で囲まれた部分の面積のことです。広告やパンフレットなどに記載される建物面積、あるいは専有面積は、通常はこの壁芯面積のことになります。しかし、マンション等の区分所有建物の場合は、壁芯面積ではなく、壁の内側の部分の面積(内法面積)で登記されます。つまり、マンションの場合、パンフレットに記載されている専有面積(壁芯面積)よりも、登記上の面積(内法面積)の方がやや狭くなることになります。


◆SPONSOR LINK◆

  • パリ風 新築 静岡
  • デザイン 住宅
  • 名古屋 新築
  • 注文住宅 本庄
  • デザイン住宅 宇都宮
  • みどり市 和モダン
  • 尾道 注文住宅
  • SUB MENU

    おすすめサイト